1年前の今日、神奈川劇術ホールで1stライブツアーが始まったんだ。
あれからもう1年経ったんだよね。色々あったと思うけどあっという間という感じがやっぱりする。
よく覚えている、本当に伊藤かな恵がオリジナルアルバムを出して、ライブツアーをやって今日自分の前で本当に「ライブ」をやってみせるという事実に対する実感が本当に会場に入ってからすらもなかったのを。
入りが「ただいま~」からだったので、いきなりイントロが流れだすことがなくてちょっと気が抜けたのも覚えてる。
それから本当に伊藤かな恵が出てきて「ユメ・ミル・ココロ」を歌ったんだ。本当に。
ただ呆然と目の前の光景を見ていた。何をすることも考えることもなくただ伊藤かな恵が目の前でユメ・ミル・ココロを歌っているという事実が自分の体を支配していた。
あの日から1年。あの時は一生この時が続けばいいのにと思っていたけどやっぱり時間は過ぎてしまうし、ツアーが終わった時はすぐにすぎるのだろう1年くらい、と思っていた。
「一番大好きな声優の初めてのワンマンライブに参加している俺」ではもうなくなってしまったけども、こうやって思い返すという行為もそんなに悪い気はしないかも、しれません。
4月には2枚目のアルバムが出て、また伊藤かな恵が歌を歌っている姿を見られるかもしれない。その時見られる姿は1年前の彼女とは違っているかもしれないけども、それは僕達に少しの寂しさを感じさせるかもしれないけども、とてもありがたいことであるというのは間違いないことだと思うので、これからの1年もこれまでの1年と変わらず追いかけて行きたいと思う。

ギリギリ間に合ったか2月4日。

コメント

非公開コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR