Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

参加してきましたので思ったことを書きます。
AsideとBsideごっちゃになってます。記憶が曖昧なのでなんか間違った記載あったらコメントください。



名前忘れたけど男の司会と女の司会が最初に出てきて、司会「我らがー」オタク「内田真礼だー」で内田真礼さん登場。

Asideのオープニングトークでは北海道にきてから食べたものが話題になって海鮮丼やらラーメンやらをお食べになったそうな。そりゃ食べるよねせっかくこんなところまで来たんだもんね。ちなみに僕は飛行機で来てその日のうちに飛行機で帰るという大変頭の悪い弾丸遠征を実行したので北海道に来てまず食べたのはローソンのおにぎりだったし北海道らしいものはほとんど食べなかった。北海道で食べたおにぎりもおいしかった。

Bsideでは確かスープカレーを食べたいとAsideで話していて、楽屋でスープカレーを食べましたとかそんな話題だったかな。スープカレーって食べるって言っていいんですっけ。飲むが正解?



ジェンガのコーナー。
ジェンガしてって引いたブロックに番号書いてあって番号に対応した質問に真礼ちゃんが回答してジェンガ崩した奴は罰ゲーム、というコーナー。

「目標とする人やライバルは?」という質問に対して「過去の自分」と答えていたのが一番印象に残った。
まあライバルは自分自身です、という回答はざらだと思うんだけど確かこの時は「内田真礼」という偶像に押しつぶされそうになるというようなことを言っていて、ほほうそういうこと言っちゃうんだと思った記憶が。いや偶像に押しつぶされそうになるとは言ってなくて、ファンから見た「声優 内田真礼」という存在が、自分自身にとってのプレッシャーになるしファンからの愛に押しつぶされそうになるというような事を言っていたんだけど。

まあつまり人気声優になって出来上がっちゃった「声優 内田真礼」っていうオタクたちの共通認識によって生み出された偶像が内田真礼という1人の女の子にとって一番厄介な常に超えていかなければならない壁なんです、っていうことだよね。ごめんね大変だよね。でも今更僕一人消えたところでこの「内田真礼」は消えやしないし、戦ってくしかないよね。愛に押しつぶされそうになるって言われたときはかなりすみませんと思ったけどきっと僕なんかより真礼ちゃんのこと好きな人なんてごまんといるよね。僕の手紙なんてきっと大したこと無いよね。大したこと無いよね?>真礼さん

えーと他にも色々あったけどもうこれだけでいいでしょう。適当に覚えてるのを書いていくか。
最近はまってるゲームはディズニーのやつとかポケモンです、ストレス解消法は薔薇風呂、好きな野菜はとうもろこし、最近玄関マットを買った、音楽聴かないと身体にスイッチが入らない、マッチョすぎる男の人は無理、とか。あんまり思い出せなくてごめんなさい。



Asideでは朗読コーナーがあったんだけどかなり後ろの方にいたし全然顔見えなかったので話もちゃんと頭に入ってなくて全然記憶に無い。「桃太郎」のなんかすごい話変わってるやつを読んでたのは覚えてる。でも特段コメントすることもなかった気が。

Bsideでは箱のなかのものを触って当てるゲームを司会の男の人とやって、司会が負けたら司会の自腹でタオルを客にプレゼントというやつだったけど、結局10本タオルが真礼ちゃんから客の方に投げ込まれて、僕は無事1本もらうことができたので、とりあえず僕はBsideのコーナーのほうが良かったかな。自分良ければ全て良しか。でも当てる時に真礼ちゃんにヒントいうのありだったりしたので声かけるのとか楽しかったし実際Bsideの方がいいコーナーだったんじゃないかなー。



事前にお客さんにノートに書いてもらった質問に答えるコーナー。
いきなり自分が書いたわけのわからない質問(最近高鳴ったソルフェージュはイノセンスですか。)が読まれたけどそれ以降はまともな質問ばかりだった。なんだったのか。あと結局回答スルーされたし読んでごめんとか言われた。すみませんでした。でもアドリブで頑張って返して欲しかったな!無理言うな。

リリイベの質問と比べても真面目な質問が多くて真礼ちゃんもすごい真面目に回答していたんだけど、特にAsideはかなり入り込んだ質問が多かった印象があった。
質問の内容は覚えてないので省くけど、「私はもともと声優がやりたくて声優になったのだし、声優であることが自分の芯になっているので、声優としてちゃんとやっていけさえすればそれでいいと思っているし、今声優としてある、声を当てる以外の色々な仕事については別に無くても構わないと思っている」とか、「気持ちとしては私はもっとアイドルをやりたいと思っている」みたいなことを言っていて、なんか聞いてて結局君どっちなの?ってなったんだけど、多分まだ自分の中で整理できてないのかなーとかそんなところまで喋っちゃってるけど大丈夫なのかなーとか思った。実際喋り終わった後インタビューみたいになっちゃったしいつも言わないようなこと言っちゃったけどインタビューと違ってカットされないしどうすんだこれみたいなことを言っていた。

まあどんな内容だろうと仕事としてもらったからにはやりますよ、っていうのはあるんだと思うけどやっぱり私がやりたいのは声優なんだよ、っていうのが根本にあるんだなあというのはわかった。でもこんな楽しいライブとかさせてもらえる分には幸せですー、って感じなのかな。まあ楽しめてるならそれでイイんじゃないか。声オタとしてもアニメで声をきくことが一番大事だしね。イベントとかラジオとか手紙とか認知とかそんなん二の次でしょ。

真礼ちゃんがこういう認識で声優の仕事をしているのだとしたら、「自分のファン」についても、声優やってく上では別に必要不可欠な存在ではないし、いてくれる分にはまあ、くらいの存在でしか無いのかもしれないね。いやまあそんなことは今更言うまでもないのだが。声優にとっての声優ファンなんて一般にそんなものだろう。やりたいこととやるべきことが一致するとき世界の声が聴こえると言うけど彼女には今世界の声は聴こえているのだろうか。

あとはファンクラブ作りたいね-なんて話も出ていた。ファンクラブやるなら、せめてさんかれあくらいの時期からやってくれてたら良かったかな、って・・・。いや、デビューしたのは今なのだし別に今設立するのも抵抗はないしいいです。はい。すみませんでした。

話が変な方向に行ったけどこの質問コーナーは割と普段聞けない感じの話が聞けて良かったなー!(雑なまとめ)

他の質問と回答はよく覚えてないのでごめんなさい。女の子に振り向いてもらうには?とか白真礼が実は悪いやつなのでは?とかそんなんがありましたね確か。



えーその後は創傷イノセンス、高鳴りのソルフェージュ歌って、サイン入りポスターと色紙の抽選やって、最後にみんなで写真撮っておしまい。
ライブはこれまでのリリイベと比較するとかなりステージとの距離が近くて、頑張れば手が届くくらいまでこっちに近づいてくれたしかなり楽しかった。というかオルスタでのライブはこれが初かな。そんなに客席は激しくごちゃごちゃするような感じではなかった。
オルスタでライブ見る時が来たら頭振ろうと思って振ってみたんだけど、創傷イノセンス、案外頭振りにくいよね。テンポ的に。
次の曲は全開で頭振り続けられる曲になるといいな。
そういえば最後にとった写真はどこかで公開されるんでしょうか。>CUBISMの人



何となくわかってたけどリリイベ追加公演て感じの内容でしたね。
過去のイベント内容見た時はキャラソンあるかなと少し期待したけどなかった。あと握手会とかも。
やってくれてたらかなり評価上がってたと思うしイベントやる側もそれは認識してたと思うんだけどまあ今回はMaaya Party!のencoreとして、っていうところを◯にきゃんに通されたんだろうな-とかと想像している。
でもリリイベのあのまったりとしたゆるい感じの空間とはまた違った真面目なお話が聴ける雰囲気の空間というのは良かったんじゃないかなと。
やっぱり司会がちゃんこさんか、ちゃんこさんが構成やってるか、で割と変わるのかな。
2ndのリリイベもちゃんこさん司会なんだろうか。この人を使うのはメリット・デメリットそれぞれそれなりにあると思うので今回のリリイベ振り返った上で慎重に考えていただきたいところですね。何様だよ俺は。

ということで以上です。

popo
Posted bypopo

Comments 0

Leave a reply