やさしい声優の描き方

「声優のことばかり考えてる」って言うじゃないですか。僕もよく使いますけど。

でもこれ、例えば僕の場合は実際の所は内田真礼さんのことを考えているというのが正確な表現なんですよね。

例えば寝る前に真礼ちゃんまさかこんな時間まで起きてないだろうな、ありえそう、とか、今頃はもう2ndシングルの話とか始まってるんだろうな、1stワンマンの会場もう抑えてるのかなどこだろうな、とか、今何のアニメの収録してるんだろう、楽しくやってるかな、とか、今どこに誰と一緒にいるんだろう、とか、俺のメール読んでくれたけどちゃんと覚えてくれてるだろうか、読むだけの作業になってないよね?、とか、俺はどうやったら真礼ちゃんに嫌われずに済むのかな、こないだのあれはまずかったな、死んだほうがいいな、とかそんな感じなんですけど多分皆さんはぜんぜん違うこと考えてると思うんですよね、それは別の特定の声優さんのことかもしれないですけど、その場合は僕と同じなんで別にいいんですけど。

でもそうじゃない人。そうじゃない人っていると思うんですよ。そういう人って頭のなかで普段どんなこと考えてるんだろうって。僕のは「声優のことを考えてる」って言えるんだろうか。言えないんじゃないかなあって。本当に「声優のことばかり考えてる」人はどんな事を考えてるんだろう。「声優のことを考える」ってどんなんなんだろう。声優ってなんなんだろう。俺は声優をどう思ってるんだろう。実はどうも思ってないんじゃないのか。もしくはどういうアプローチを取ればいいのかわからないからってそっぽ向いてるんじゃないだろうか。でも真礼ちゃんのことしか考えていない俺なんて俺は到底認められるものではないし俺はそんなオタクにはなりたくないしでも実情はこれだしはぁどうしようどうしたらいいんだろう。そういうことを最近思った。おわり。

コメント

非公開コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR