お前がいつまで単推しなどと言ってられるか 地獄の淵で見ててやるよ

こんにちは。

リスアニの話をしようと思ってたんですけど今更感あるしどうしようかな。今更でしょ。ぶっちゃけあんまり覚えてないんだよなあ。真礼ちゃんのおしり追いかけてというのは4割アニフェスを楽しもうというのが6割くらいだったし、ずっと運動してたからあんまりステージ見てなかったんですよね。
ていうかあれだったんすよ、かなりショックなことがありましてね。何かというと座席のことなんですけどね。
これ読んでる人が被害(被害って言ったらダメだけど)受けてるかわからないけど、アリーナのブロックのアルファベットが前からじゃなくて後ろからだったんですよ。何言ってるのかよくわからないな。
だからあれですよ、A,B,C…って感じで前からブロック名が決まってるものと思ってたわけですよ。普通そうじゃないですか。それがリスアニは逆で後ろのアルファベットから始まってたっていうね。僕一応Dの前の方のチケット持ってたので結構楽しみにしてたし真礼ちゃんの太ももちゃんと見れる距離だろうきっとって思ってたんですけどいざ会場について自分の席に来てみたらもうね。絶望的な距離でしたからね。そういうことです。
まあそういうことですで終わられてもあれなので何か話しますか。デレマスはなー、パフォーマンス的にどうだったのかっていうのは、うーん、ずっとぴょんぴょん飛び続けてたから少なくとも歌声はあんまり耳に入ってこなかったのであれなんですけど、ダンスは良かったかなって思ってます。内田さんはこれまでも色んなユニットで歌って踊ってきたわけですけど、それらと比べると一つ上のレベルの難度の振付ではなかったかなと思います。しかも1曲だけじゃないしね。3曲もやってきてるわけですから。あくまでもこれまでに比較してですよ。3曲くらい踊れたからってなんだ、っていうのはなしですよ。真礼ちゃんはまだまだ経験が少ないんですから。3曲だってすごいんですよ。ダメですか。そんなゆいかおりとかスフィアとかラブライブみたいな感覚で言われても困りますよ。
で踊ってるところ見てても結構ほかの人と比べても動きがオーバーになっててね(それが良いことか悪いことかは置いとき)、まあ彼女なりに張り切ってやってるのなあというのは伝わってきましたよ。キレも以前に比べると良かったし。個人的には良かった。でもまあ以前に比べるとという話であって他と比較するとやっぱりまだのっそりのっそりした感じの動きになってる感は否めないかな。まあ僕は真礼ちゃんのそんなところも好きだけどね。えへへ。で、歌はごめんけど、わからん。覚えてない。
あと全く緊張してなかったのがまたなあ、武道館だからっていっても関係ないんだなあって、中野サンプラザの時もさらに遡ってぽにきゃん本社のイベントスペースででも、全然緊張を感じさせなかったし、やっぱりこの人ステージ上で歌ったり踊ったりするのに向いてるよなあって思いましたね。しかも今回はライブ後のトークでも全く緊張しませんでしたとか断言してたし。言うようになったなって感じしましたけどね。今度はユニットじゃなくて内田真礼単独でこの場所でライブして欲しいですね。
んーこれくらいかなあ、ステージから遠すぎた分真礼ちゃんから解き放たれて好きなだけ音楽を楽しめたしそれはそれで良かったと思います。4月の舞浜は近くで見たいですね。でもやっぱり双眼鏡くらいは持ってなきゃダメだなと思いました。
そういえば記事タイトルと全く関係ない内容になってしまって申し訳ないです。

それではまた。

コメント

非公開コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR