何かを好きであるということについて

「好き」というのはどういう状態のことを指すのかということについて思うことがあるのでその話をします。

最近、昔から好きだったものに触れてまたハマったりだとかライブに行って感動したりだとかという体験を多くしているのですが、そんな体験の中で思ったのが、「好き」というのはその「好き」の対象から離れること無く、ずっと興味を持ち続け、触れ続けていることなのではないかなと。

言い方を変えると、「自分にとって『過去』のものではなく、いつまでも『今』であり続けているもの」こそが「好き」な何かであると思います。
例えばもう15年以上前に生まれたコンテンツだとしても、それを日常的に摂取し続けている限り、自分にとっての『今』であり続けるし、出会った当初から何も色褪せることは無いはずだと思います。

つまり、「好き」というのは行動によって自動的に生まれていくものであって、きれいな言葉で修飾して好きだということを言葉で表してみても、そういう”設定”で日々をただ生活していても、「好き」にはなれないということです。

「好き」だから行動する、ではなく、行動することにより「好き」という状態が発生する、ということが言いたいです。

なので、自分としては好きだというつもりの何かにたまに触れてみた時に、「懐かしいなあ」とか「久しぶりに見た、聴いた」などと感じてしまった時点で、もう「好き」は消えてしまっているのではないかなと思います。

何かを好きであるということは、自分が何者であるのかを定義する上でとても大事な要素であると思うので、自分では好きなつもりである何かのことをもはや好きではなくなっているということに向き合うのはとても辛いし、考えたくないことであることは言うまでもありません。

でも、「好きなつもりの何か」のことを考えたり、触れてみたりという機会が自分の日常の中にないという事実からは逃れようがないですし、時たまやってくる好きなはずなのに全然触れられていないことに対する苦悩と戦い続けることになります。

だからこうしなさい、こうすべきだという話をするつもりはなくて、もはや過去のものに成り果てているので忘れるべきとするか、いつまでもぐだぐだと好きだという設定を維持し続けるか、その他に何か良い選択肢があるのか、僕にもわかりません。

ただ言えることがあるとすれば、自分にとっての「今」であり続けてくれている何かのことを、あんまり毎日触れていたら飽きてしまうんじゃないかと躊躇したり、もったいぶったりせずに精一杯時間と体力とお金を捧げて愛で続けるべきだということで、それは「今」だからこそできることだということです。そして「過去」は「過去」であって何を言っても変わることはないものだということです。

えー特にオチはありません。

ガッチャマンクラウズ インサイトのOPの好きな所

ついにガッチャマンクラウズ インサイトの放送がスタートしたのでとりあえずOPを見てみてみたら結構気に入ったので、その話です。



キナコ先生の設定画が挿入されている

キナコ先生の設定画が挿入されているのがまず良いなと思いました。具体的にどこかというとタイトルロゴ出てくるとこまでのキャラ画がカットインしてくるところは全部キナコ先生の絵です。
ガッチャマンクラウズのクラウズらしさの4割位はキナコ先生のデザインにあると思ってて、OPの最初でそれをさり気に見せてくれるのがすごいイケてるなと思いました。あと設定画だけじゃなくてこのOPのために書き起こした絵もあるそうでやっぱりイケてるなと思いました。多分この辺じゃないかなあと思います。



リアル立川多め

リアル立川の撮影カットが多めになってて、やっぱり立川行きたいなーって気持ちにさせられて良いなあと思いました。
1期OPではアニメ絵と写真を組み合わせていたけど、今回は実際にリアル立川で等身大ポップを立たせたものを撮影していて、更にクラウズの登場人物が現実の立川に存在している感覚が個人的にはより強くなっている感じがして良いなーと。



なんか全体的におしゃれ

1期OPに比べて全体的におしゃれっていうか、カラフルでポップな画面になっているのも良いですね。これは1期がダメって言ってるわけじゃないんだけど、1期OPはどっちかっていうと怪しげな雰囲気だったり、シリアスな空気がありましたよね。これはこれですごい気に入ってるんだけど、今回は今回で別ベクトルで良い雰囲気に仕上がっているなあと感じました。



サビのアニメーションがかっこいい

これは1期も同じことなんだけどサビに入ってから始まるアニメーションがすごい今回も良いですね。
なんだろう、落下しながらなんかやってるっていうだけでなんかかっこよく見えちゃいますよね。
はじめが落下しながらつばさの手をとった後に2人で変身して飛んでって、そこが一番好きだけど、その後他のガッチャマンも変身して全員立川勢揃いするところも好き。



その地

・つばさちゃんの太ももアップしまくりのカットがやばいしむしゃぶりつきたい。
・すがねのポーズがチャラいのが面白い。
・パイマンの謎ダンスがちょっとかわいい。
・つばさちゃんが新潟から立川まで歩いてるカット好きだけど聖地巡礼厨的にここで写ってる所全部撮影しに行くの死ぬほどきつそう。
・1期に比べるとアニメーションの量という部分では減っているのでそういう意味ではそこが物足りないという見方もあるけどその分等身大ポップが動いているので個人的にはこれはこれで良いかなという感じ。



とりあえずは以上です。

プロフィール

popo

Author:popo
主に格ゲーと声優についての記事を書いています。

同人サークルAiles Grisesの告知場所でもあります。

twitter
pixiv
ask.fm
last.fm
無限のリヴァイアス台詞bot(未完成)
ストリートファイターV戦績

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR