創傷イノセンス発売日前日に思うこと

発売前にどこかのタイミングで思っていることを吐き出そうかと思ってたんだけど結局フラゲ日になってしまった。
もうこんな時間だけどどうせ眠れないので書きます。こういう記録をつけていくのって多分大事だと思うんだよね。
月日が経って見返しても死にたくなるか殺したくなるだけだと思うけど。
多分内田真礼さんのファンの方が読んでも不快に思う可能性のほうが高いので読まない方がいいと思います。



歌手デビューそのものに対しては前々から期待していたことで特に抵抗はなかった。昔は声優が歌をうたうことに対して色々と思うところがあったんだけど伊藤かな恵さんをずっと見続けていてその辺のあれはいつの間にか溶けてしまっていた。

ただしレコード会社がどこになるのかというのは心配に思っていた。
まあHoly Knightの時点でOPを歌わせてもらったり、ミニ・ライブしたりということをしていてそれからもずっと内田が関わってきているポニーキャニオンで間違いないだろうというのはほぼわかっていたのだけれど、ポニーキャニオンという会社に対する、何というか、信用ならないということではなくなんかズレてるというか、他の会社ではやらないようなこと、こだわらないようなところに無駄にこだわるところがある、それからプロモーションに関してあまりこちら側の空気を読まないでやりたいようにやっちゃう(わかりやすいところでいうとTwitterアカウントでの宣伝のやり方とか)会社だと思っていて、それもかなり強硬な意思を感じさせるから、一言で言うと面倒な会社、というイメージがあった。

そこに内田が所属するということは彼らの俺様ルール、ぽにきゃんクオリティみたいなものと付き合っていかなければならないということで、それははっきり言ってあまり喜ばしいことではない(内田ではなく僕自身にとって)と思っていた。

ただ既に所属しているアーティストを見ていれば分かる通り、寒いとかそういうのは置いとくにしてもプロモーションの量というのを考えるとかなり信頼できる会社であって、実際にデビューが決まって今日までのことを思い出すと各声優誌に特集組んでもらったりCMもちゃんと打ってたり(これまたお寒いフレーズが飛んできたりするんだけども)、公式サイトもかなりしっかりしていて、PVもちゃんと作るし、という所はまあこれまでお世話になっていた(る)ランティスと比べると大分マシだと言える。

なんていうか、まだぽにきゃんとの付き合い全然だし、これからだと思うけど、多分色んな場面でウッってなる事はあるんだろうなあ、っていう程度に思っている。



まあ上で書いたようなことも大事なんだけど結局歌が重要なのであって、そこについてまず第一印象どうだったかというと、曲のタイトル、作曲者というのを見た時点で「僕が見たかったアーティスト内田真礼が本当に産まれるかもしれない」という期待を持ったのは事実で。

公式サイトのデザインもなんだか真っ黒だしゴリゴリのロックとか言ってるし、プロデュースする側もちゃんとわかってんじゃん、とは思った。

まあよく考えればガチの新人だった内田にいきなりあのHoly Knightを歌わせていたわけなので、そこは心配しなくてよかったのかもしれないけど、でも本当に内田が歌手として活動している自分の中にあったイメージとの乖離がかなり少なかったので、なんだこれすげーなってなったのは本当。

で、実際に聴いてみてどうだったかというと、思ってたよりRON君ぽさは無かった、というのと、完全にシリアスな方面に倒しきった曲にはなっていないかな、というどこか引っかかる感じの印象をまず抱いた。
これだけいうとネガティブな感想だけになってしまうけど、事前に期待していたハードルはちゃんと超えてくる程度にはロックな曲になっているし、PVも公式サイトやイメージ写真通りのカッコいい映像仕上がりになっていたので期待値を下回ったということは全くなかった。

ただし僕は人を殺すような目をしてHoly Knightを歌う彼女がどうしても忘れられないので、本当に「ロック」という言葉しか出てこないような、シリアス一辺倒でいってほしかったという思いがないといえば嘘になる。

本人が色々な場所で語っていることではあるけど、レコーディングは2度実施していて、1度目のレコーディングでは今よりもっと激しめでかっこいい感じ(この時はおそらくまだRON君成分強めだったと推測される)だったけど、それから時間を明けて「自分らしさ」みたいなものを考えなおして、2度目のレコーディングはその「自分らしさ」を付与してアレンジを加えていったということで、その結果できたのが創傷イノセンス、ということなんだけど。

「自分らしさ」というか「内田真礼らしさ」って、聴く側で感じ取るものであって作る側であまり意識しなくてもいいんじゃないの?というのをこの話を聞いてまず思った。「内田真礼はロックだ!」というのであれば、既存の「声優・内田真礼」としてのイメージになんて引っ張られずに、何も考えないでがつんとやっちゃえばいいじゃないって。そもそも俺の「内田真礼らしさ」なんてお前ら(誰だよ)にそんな簡単にわかってたまるか、わかってるつもりでいるのか?ってなる。とにかく、そんな簡単にファンを分かった気にならないでほしい。

「中二」なんてそんな言葉持ちだす必要ないし、せっかく「ロック」って宣言しているのに、そんな茶化すような言葉使ったら、そりゃ中二病でも恋がしたい!の六花ちゃんを演じる内田真礼ちゃん、が好きな人は別としても、冷める人だっていると思う。

それにそんな今しか通用しないかもしれない言葉使ったら数年後この曲はどういう存在になっちゃうの?ずっと「中二声優の内田真礼」でなんていられるはずがないのだし。今だけ注目されればいいなんてこともない、ずっと愛され続ける曲を作っていかないといけないはず。だから僕はこの曲や内田真礼のスタイルに対してそういう言葉を使うことに対してはたとえ本人であったとしても受け入れる気は今のところない。

内田真礼の既存のキャラ、もっと言ってしまえば既存のファンのことなんて一切考えないで、音楽に対して「ロック」な態度で望んでほしいというのが僕のわがままです。
「内田真礼らしさ」なんてこれから作っていけばいいものだと思う。アーティスト内田真礼は今生まれたばかりなんだから。

めちゃくちゃこれからの内田真礼を楽しみにしてるからこそ言いたいことも多くなっちゃうんだよ。わかれよ。



なんかもう全然まとまってないし何がいいたいのかわからない文章だけどとりあえず吐き出すものは吐き出した気がするんで寝ます。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!(4/6)のメモ

もう1週間経ってしまったので記憶が大分薄れてますが何も記録を残さないのもさすがにあれだと思ったのでなんか書いておく。



M01 お願い!シンデレラ 全員
めちゃくちゃ声優いっぱい出てきてすげーと思ったけどステージ滅茶苦茶広いし声優さん遠いなと思った。
昼は右端(Eブロック)の全員着席の関係者列省くと一番前だったので、真礼ちゃんとその周辺の声優さん達よく見えたけど最初に太もも見比べてしまってやっぱり真礼ちゃん圧倒的だし宝だなと思った。
曲に関してはもう散々聞いてるし頭おかしくなるような曲でもないので特に感じることもなく、ああとうとうライブ始まったなーとか他人ごとのように思いながら棒を振っていた。



M02 ミツボシ☆☆★ 原 (イントロは全員ステージ)
すごい優秀なパフォーマンスだったと思ったし切り込み隊長って感じだった。
そんなに興味ない人だったけどライブは楽しかった。



M03 DOKIDOKIリズム 山本
SSAでも思ったけどすごくライブ慣れしてる感じがしたし、初めて歌を聞いた時も4人の中では1人だけ垢抜けてる感じがしていたんだけど、やっぱりこの人はお歌ちょう上手いですね。メンバーの中では歌う機会多い方だったと思うのでそれもあるかもしれないけど。



M04 TOKIMEKIエスカレート 佳村
美人だと周りの人からよく言われていたけど今回はそれがよくわかった。
ちょっと浮いてるんじゃないかっていうくらいレベルで美人だよねこの人。もう少しメディアへの露出増えたらいいのにな。
なんか振り付けみたいなのあったけど全然わからなくてすみませんでした。



M05 ましゅまろ☆キッス 松嵜
この人もかなりライブパフォーマンスプロいなあって感じだった。夜の部では自分の近くの台に来てくれたけど割と肉付きが良い身体してるなあって思った。近くで見ると思ってたより大分迫力があった。あと自分でオーダーして作ったっていう衣装が良かった。



M06 Romantic Now 黒沢 (2番からキュートお手伝い)
ライブパフォーマンスもおしゃべりも全体通してチートキャラって感じだった。昼の部で僕の近くにきてくれたけど僕の隣の関係者席にニコニコってしてたのが印象的でした。僕のことも見てくれていいのよ。



M07 Orange Sapphire パッション全員
曲終わって疲れたしこれからMCだしすわろ、とおもって座ったら夜の部司会で真礼ちゃん出てきてガタッてなったのが本日のハイライト。



M08 アタシポンコツアンドロイド キュート全員
特にコメントありません。



M09 あんずのうた 五十嵐 (パッションがお手伝い)
M10 おねだり Shall We~? 高森 (クールがお手伝い)
M11 ショコラ・ティアラ 大坪
この辺はずっと島村卯月ちゃんと小日向美穂ちゃんいつ出てくるんだろうってなってた。
つぼゆかちゃんだけ腋丸出しの衣装だったのずるいなあと思った。



M12 Naked Romance 津田
ついにきた!!!って思ってUPバキバキって折ってそれからのことはよく覚えてないですが幸せだった。



M13 S(mile)ING! 大橋
もうCuはS(mile)ING!しか残ってないし死ぬなって小日向美穂ちゃんきた段階で思ってたけどやっぱり小日向美穂ちゃんで満身創痍の状態だったのでイントロ流れてきたとき無理無理無理無理いいいながらUP折ってた。
多分デレマスで一番好きな曲で歌声聴いてるだけで生きる喜び感じるレベルだったので歌ってる声優さん見るとかあんまり意識しないでこの歌を生で聴ける喜びをこう、全身で味わう的な、よく覚えてないんだけどそういう感じだったかな。
やっぱりこのNaked Romance→S(mile)ING!がこのライブで一番死にかけたパートだった。
次聞く機会があればもう少し落ち着いて聴きたい。



M14 輝く世界の魔法 全員
初聴きだったけどんー特にコメントなし。



M15 Nation Blue クール全員
やっぱりこの曲はノリにくい。



M16 Twilight Sky 青木
この人のライブが一番良かったかなー、特に夜の部ね、夜の部は表情がすごく良かった。間奏~ラスサビとかもう涙でそうになるくらい良かった。歌詞自体かなりエモいしこんな良い曲なのになんで気づけなかったんだろうってなりました。
また聴きたいなー。



M17 Never say never 福原
M18 ヴィーナスシンドローム 洲崎
魂ノ導を聴く心の準備タイムになってた。洲崎さんお歌上手いですねー。



M19 華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~ 内田
いやほんとに聴ける日が来るとはなーと思っててどういう態度で聴こうかなと思ってたんだけどやっぱり光る棒バキバキしちゃったよね。
新しい大閃光結構硬くて棒折るときに右手親指捻挫したりしたしそれまでのライブで体ズタボロになってたし曲終わったら即座り込んじゃったしそんなんだからステージ上の内田さんずっと見てられたかというとそんなことは無かった。でも楽しかったからいいかなって。
その後のMCでも蘭子の曲歌ってるとダークサイドに落ちる的なことを言ってたけど、その通り僕が期待してた感じの表情をしていてそこは良かった。
僕は個人的にはあんまり蘭子であることはそんなに強く求めていなくて(キャラソン全般に対してそうなんですけど)、ダンスきっちりやるだとかやキャライメージとかを保つ(演じる)ってことよりも、歌をうたう時にはその歌にちゃんと「入り込んで」いて欲しいし、何というか声優さんの心からの叫びだとか感情曝け出しまくりの表情だとかそういったものが大事だと思ってて、そういうのこそがライブの醍醐味であるはずだし、
そういう意味で、ライブパフォーマンスとして総合的に見ると他の優秀な人達に比べるとそんなに勝ててるところはないけど、個人的には良いものが見れたかなと思うし、やっぱり真礼ちゃんは人を殺すような目をして歌うのが似合っているなということを改めて感じたステージだった(青木さんのステージ褒めてたのもそういう部分です)。
これから内田真礼本人として歌っていくようになるわけなので、更に自分を出していってくれるライブが見れるのかなーと思うと楽しみになった。



M20 こいかぜ 早見
チートキャラその2。本当にありがとうございました。貫禄が違いすぎた。



M21 ススメ☆オトメ~jewel parade~ 全員
M22 お願い!シンデレラ(ハピ☆ハピVER) 全員
夜の部で真礼ちゃん僕のところ来てくれたけど全く僕の目見ようとしなかったのが面白かった。




ライブについてのコメントがーっと書いてったけどこれ以外にも色々あった気がするけどもう眠いのでやめますね。


終わりだよ~

プロフィール

popo

Author:popo
主に格ゲーと声優についての記事を書いています。

同人サークルAiles Grisesの告知場所でもあります。

twitter
pixiv
ask.fm
last.fm
無限のリヴァイアス台詞bot(未完成)
ストリートファイターV戦績

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR